紀行写真集


甲州道中 ぶらり徒歩の旅 4

江戸城・百人番所〜中之門



Hitosh


江戸城

百人番所

  本丸と二の丸へ通じる要所である三之門の前に設けられた百人番所である。若年寄支配の鉄砲百人組と呼ばれた甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組の4組が昼夜交代でここに詰めていた。また、各組には同心が100人ずつ配属されていた。


中之門
大番所
 本丸に通じる中之門を通ると、すぐ側に大番所があった。他の番所より位の高い与力、同心によって警備されていた。
 なお、中之門は枡形門形式では無く、多門塀の中間を切って櫓を渡した櫓門だけであった。  
本丸への坂道
  このなだらかな坂を登ったところが本丸である。かつては玉石敷きの階段であった。本丸の入口には中雀(ちゅうじゃく)門があった。

  なお、江戸時代、内郭(うちくるわ)、外(そと)郭には城門が全部で92もあったという。


(東京都千代田区千代田)
0908/0908
写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)を行うと表示されます

前へ 目次 次へ


歩行略図
日本橋〜四谷見附




街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system