紀行写真集


甲州道中 ぶらり徒歩の旅 69

八王子市・千人町〜西八王子駅



Hitosh



八王子市


旧甲州街道、千人町

旧甲州街道、八王子市千人町

千人町は、かつて千人同心の小人頭10人と、
それぞれの小人(同心)約100人が住んでいたところだ。



興岳寺

興岳寺は、
文禄元年(1592年)石坂勘兵衛が菩提寺として建立した寺だ。

甲斐の大名武田信玄が病死し、その子勝頼が滅ぼされた後、
武田の遺臣は家康の指揮下に入る。

その中で石坂勘兵衛が旗本となってここに所領を戴き、
その東部に建てたのがこの興岳寺だった。



興岳寺、石坂弥次右衛門顕彰碑

興岳寺境内にある石坂弥次右衛門義札顕彰碑。

幕末の千人同心頭で、
日光勤番として、家康を祀る日光東照軍を護る立場であり、
戊辰戦争のおり、間に入り、
日光山に立て籠もった幕府軍(伝習隊)と
官軍の闘いを未然に防ぎ、
日光山の消失の危機から救った人とのことだ。



旧甲州街道、西八王子駅口

八王子市千人町
この交差点を左折すると、JR西八王子駅となる。



JR西八王子駅

JR中央本線西八王子駅。

八王子市千人町二丁目にある駅で、
開業は昭和14年、東京より49.8kmだ。

今回はここで旧街道歩きを中断し、帰宅した。


(八王子市 千人町)
1009/1812

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)をクリックすると表示されます


前へ 目次 次作成中


歩行略図
大和田橋〜横山宿〜八日市宿〜八幡宿〜多摩御陵入口




街道写真紀行

悠々人の日本写真紀行


Hitosh


inserted by FC2 system