紀行写真集


甲州道中 ぶらり徒歩の旅 74

八王子市・高尾駅〜南浅川


Hitosh



八王子市


高尾駅入口

この交差点を左折すると高尾駅だ。
JR中央本線と、京王電鉄の駅である。

明治34年、国鉄開業時の駅名は浅川駅であった。

1959年浅川村が八王子市に編入され、
1961年(昭和36年)に駅名は高尾駅に改称された。

なお、京王電鉄高尾線(京王高尾駅)は
昭和42年の開業である。



JR高尾駅

JR高尾駅北口駅舎は、
関東の駅百選に選ばれている社寺風デザインとなっている。

なお、高尾駅は東京より53.1kmだ。

江戸日本橋から、
旧甲州街道の終点である下諏訪までは55里(約220km)、
あと、167kmの道程である。



両界橋、中央本線

旧甲州街道は、
南東浅川に架かる両界(りょうかい)橋を割ると右折となる。

両界橋の上(中央線第一浅川橋梁)を
JR中央本線が走っているところだ。

この先で高尾山の北側を流れてきた小仏川と、
南側を流れてきた案内川が合流して南浅川となるので、
両界橋と名付けられたそうだ。


南浅川

両界橋より南浅川上流側、古淵。

右は旧花屋旅館である。


両界橋地蔵尊

両界橋の袂、南浅川沿いの古地蔵尊。

新旧石仏が上下に積み上げられ、
今も花が供えられている。


(八王子市 高尾町 初沢町 西浅川町)
1009/1908

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)をクリックすると表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
多摩御陵入口〜高尾駅口〜小仏峠




街道写真紀行

悠々人の日本写真紀行


Hitosh


inserted by FC2 system