紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 549
二戸市金田一〜野々上


Hitosh



二戸市


金田一小野分岐

姉滝から旧街道に戻り、少し先で今度は
写真右側の草で蔽われた山道となる。

この分岐は、判り難く、うっかりすると見落とすところである。
事前に調べてあったので、迷わずに行けたが、自信はなかった。

しかし、この道の右側に二戸市で建てた、
「奥州街道」と書かれた小さな道標を発見した時は嬉しかった(写真右手)。



金田一野々上

坂を上ると、樹間の山道となり、道筋を確認しながらの歩行となった。

地図によると、この道の左側は金田一字小野ではなく、
野々上字出張(ののうえ あざ でばり)地区となるところだ。



金田一野々上

道がわかりにくく、何度も地図とコンパスで確認しながら進んだが、
途中で木の幹に青いリボンが巻かれており、ほっとした。

地元のボランティアの方が付けたのであろうか、
わかりにくい樹間の道では助かる目印である。



金田一小野

沢に丸太作りの橋が架かっていた。
その手前には青いリボンの目印があった。

ここからは、いかにも旧街道らしい快適な道となっている。



金田一小野

前方が開け、明るい道となった。

ここからはゆるい下り坂となっているところだ。
次の目標は、金田一字川口の集落である。


(二戸市金田一字小野)
1205/1305

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
金田一温泉駅〜青森県境〜三戸宿



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system