紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 564
南部町・大向〜三戸町・川守田


Hitosh



南部町


三戸駅前通り

青い森鉄道の三戸駅前通である。

右の建物が、昨夜宿泊した清水屋旅館だ。
旧街道は前方の山裾を左から右に通っている。

朝食を6:30にいただき、朝7:00に旅館を出立。
終日雨模様の昨日と違い、今日は朝から良い天気であった。



三戸町

三戸町川守田、旧奥州街道

馬淵川に架かる住谷橋を渡り、
再び南部町から三戸町の川守田に戻り、旧奥州街道に復帰する。

街道はほぼ北に向かっている。
前方の山地が三戸町と南部町の境界となっているところだ。



馬暦神社

街道左側にある馬暦(ばれき)神社。

祭神は保食神(うけもちのかみ)だ。
保食神は、日本書紀の神産みの段に登場し、一般に女神とされている。
食物神で、頭から牛馬が生まれたということから、牛や馬の神ともされている。

東日本に多い駒形神社の祭神は、馬之神として、この保食神が多いようだ。

由緒によると、享保10年(1725年)、
8代将軍吉宗がオランダ人の献上した春砂(はるしゃ)と名付けられた
名馬ペルシャ馬が、南部藩に下付された。

藩は、これを名久井岳麓の住谷野の牧に放牧し、
種馬として馬匹(ばひつ)の改良を図ったが、9歳で死んでしまった。

これを悼み、三葉の松を植え墓印としたが、
その松の枝が皆西に向かって伸びたので、
馬が母国を慕っているのだと云い、人々は馬の神として崇めるようになった。

そこで、元野馬別当の石井玉葉が、
寛保3年(1743年)に馬頭観世音を建てたのが馬暦神社の起源となった。

この碑は、外国馬に関しては日本産馬史上、最古のものである。

なお、名久井岳西側山麓に広がる住谷野の牧は、
古くから野馬生息地として知られ、南部藩時代に九牧の一つ云われていた。


馬暦神社拝殿
  馬暦神社の鳥居と拝殿。もともとは馬頭観世音を祀ったものであったが、昭和21年に馬暦神社(その前は、馬力神社)と改称されている。
唐馬の碑
  右側が唐馬の碑で、奉新造馬頭観世音と刻まれてある。寛保3年(1743年)に建てられたもので、唐馬(からうま)の碑と呼ばれている。唐馬は、外国産馬のことのようだ。
  左側の立派な碑は、紅梅号之碑と刻まれてあった。軍馬であったのだろうか。

(南部町 大向 、三戸町 川守田)
1205/1307

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
三戸宿〜三戸駅〜南部町



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system