紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 670
青森市・造道〜合浦


Hitosh



青森市

フラワー温泉やえだ

造道の旧街道を進むと、右側に未だ新しい温泉があった。
「フラワー温泉やえだ」だ。

日帰り湯温泉で、源泉名は「造道温泉」である。

入浴料400円とのこと。
営業時間は5:00〜22:30となっていた。

時間があれば、入浴したいところであった。



青森市造道、旧街道

造道(つくりみち)の旧街道を進むと、
正面にこんもりとした森が見えてきた。

青森市立の合浦(がっぽ)公園である。


造道、社
  街道右側に塗装の禿げた赤い鳥居と、小さな社があった。
猿田彦大神像
  社の中には石像が祀ってあった。文化年間((1804〜1818年)に造られた石像で、猿田彦大神と刻まれてあった。庚申塔である。
  文化の下に「戊」の字が判別できた。戊のつく文化年間というと、「戊辰」と「甲戊」である。前者なら文化5年、後者なら文化11年となる。


合浦公園入口

旧街道は、ここから合浦(がっぽ)公園内を直進する。
旧街道が、公園の真ん中を通っているのも珍しいところだ。

合浦公園は、青森市立の総合公園で、
敷地面積は17ヘクタールもある大きな公園だ。

1880年ごろ、弘前藩の庭師であった水原衛作が、
自らの手で公園の造成を開始するが、1885年公園建設の過労で死亡。

衛作の死後は、弟の柿崎巳十郎が引き継ぎ、
1894年(明治27年)に完成させ、
青森町(現青森市)に寄付されたのが合浦公園の前身である。


(青森市 造道 合浦)
1206/1408

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
青森市・原別〜青森宿〜青森駅〜油川宿



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system