紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 404
花巻城下・桜町同心屋敷



Hitosh



花巻


同心屋敷

街道右手に、2軒の茅葺き曲り家の向御組町・同心屋敷が保存されてある。

向御組町(現桜町)同心の始まりは、天正19年(1591年)、豊臣秀吉による
九戸政実攻略後、浅野長政支配下の一隊30人が、当地に置いて南部氏に仕え、
花巻同心組みとなったことに由来する。

当初は、花巻城の東、馬場口門に居住していたが、延宝8年(1680年)に
ここ向御組町に移された。

同心屋敷は、奥州街道を挟んで東西に15軒ずつ配置され、
花巻城下の南関門を守っていた。

写真は、その内の江戸時代後期に立てられた2軒である。


おくら
  同心屋敷へ向かう路地の途中右手に「おくら」がある。
  説明によると、「羅須地人(らすちじん)協会」がこの地にあったとき、その庭にあった建物で、協会が移築された際に、近所の青年がこれを譲り受け保存していたという。
  羅須地人協会は宮沢賢治が大正15年に設立した私塾である。
  なお、「おくら」とは肥料や農具を入れておく物置と厠を兼ねていた小屋のことだ。  


同心屋敷正面

同心屋敷の正面に回ってみた。
江戸時代後期の典型的な同心堂新屋敷で、右が旧平野家、
左が旧今川家である。

共に間口5間で、奥行3間となっている。



宮沢賢治文学散歩の道

同心屋敷の正面前に、「新奥の細道」と題した大きな説明板があった。

宮澤賢治が独居自炊して、農業・芸術を説いたところから、賢治の業績などを
紹介している宮沢賢治記念館への道を、「賢治文学散歩の道」として
遊歩道が整備されている。

説明板には、
「道の途中には、賢治作品の根源である花巻の山や川があり、いわば賢治の時代と
現代を結ぶ道かもしれません。
このみちが「あなたのすきとほった ほんたうのたべものになることを、どんなに
ねがふかわかりません(「注文の多い料理店」より)」と記してあった。

写真の道を右に200mほど行くと、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の詩碑のあるところである。
道の所々に賢治所縁のモニュメントが設えてあった。


(岩手県花巻市桜町)
1110/1112

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
花巻市・外台〜花巻城〜花巻宿〜花巻空港



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system