紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 425
紫波町・日詰駅口〜北日詰



Hitosh



紫波町


日詰・新幹線高架

正面に東北新幹線の高架が見えてきた。


JR日詰駅口
  東北新幹線のガードを潜ると、すぐにJR日詰駅入口となる。
  日詰駅は明治23年開業で、東京から516.8kmの駅である。
日詰大日堂
  左側にある日詰大日堂である。堂の正面入口に大日堂と阿吽山と書かれた額があった。
  国道4号線を挟んで右側に阿吽山覚王寺があるので関連ありそうである。
日詰石塔群
  大日堂境内には多数と石塔・石仏が集められてある。
  金華山、鳥海山、古峰神社、南昌寺等の他、馬頭観世音、庚申塔と多彩であった。右の大きな石塔には「台橋巌動先生之碑」と刻まれてあった。
  調べたが分らなかった。ただ、紫波町には岩動(イスルギ)という名前の家があるようだ。何か関係ありそうである。


北日詰分岐

大日堂の前を通ると、国道は左に逸れ、旧街道は右側の道となる。
古代の道路を踏襲した、幅広い一本道が続くところだ。

この先に、日本最北の延喜式内社、南部一ノ宮の志賀理和気神社のあるところである。

左の建物は三八五引越しセンターである。
三八五は「みやご」と読むようだ。


(岩手県紫波町・北日詰)
1110/1202

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
紫波町・JR日詰駅口〜日詰郡山宿〜郡山城址〜JR古館駅



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system