紀行写真集



旧奥州街道ぶらり徒歩の旅 468
盛岡市玉山区・渋民宿愛宕〜渋民


Hitosh



渋民宿


愛宕の森

愛宕神社参拝のあと、愛宕の森を散策する。

展望台には啄木の詩、

    ふるさとの山に向ひて
    言ふうことなし
    ふるさとの山は ありがたきかな
    かにかくに 渋民村は恋ひしかり
    おもひでの山
    おもひでの川

が刻まれてあった。



愛宕の森より岩手山

愛宕の森よりみた岩手山(2038m)である。
今までで、一番大きく見えるところだ。

手前は、かつての渋民宿である。



渋民宿町並み

愛宕の森より渋民に入る。

旧街道を挟んで左側が渋民字駅、右側が渋民字渋民となる。
この辺が、かつての渋民宿の中心街であったようだ。

左の店は、衣料品のいしかわで、その先は立花リサクルと書かれてあった。
渋民郵便局がこの先左側にあるところである。



渋民宿旧家

渋民宿の旧家。
家紋付きの屋根瓦が立派であった。

かつての店舗用であろうか、
左サイドに新用信販鰍フ広告が架かっていた。



石川啄木記念館

街道右側にある、石川啄木記念館。
啄木生誕100年を記念して、昭和61年にオープンした新館である。

啄木がかつて「理想の家」と詩に託した白い洋館風の建物がイメージされている。

啄木直筆の書簡や、ノート、日誌、遺品や、啄木関連図書が集められ展示されている。
また敷地内には啄木が代用教員をしていた渋民尋常高等小学校と
啄木が間借りしていた斎藤家が移築されている。

写真の右手には、宝徳寺があり、啄木が1歳から18歳まで過ごした寺である。

なお、啄木が生まれたのは、明治19年に南岩手郡日戸村(現在の玉山区日戸)で、
父がここの宝徳寺に転任、一家で渋民村に移住した。


(岩手県盛岡市玉山区渋民字愛宕、駅、渋民)
1111/1208

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)、又は「画像の追加」(右クリック)を行うと表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
盛岡市・玉山区渋谷〜芋田〜巻堀



街道写真紀行


悠々人の日本写真紀行

TOP 北海道 東 北 関 東 中 部 近 畿 中国四国 九州他

Hitosh


inserted by FC2 system