紀行写真集


甲州道中 ぶらり徒歩の旅 73

八王子市・町田街道〜熊野神社


Hitosh



八王子市


高尾街道、陵南大橋

町田街道入口から南浅川に架かる陵南大橋方面で、
右側のこんもりした森は武蔵野陵だ。

都道46号線(八王子あきる野線)で、
通称高尾街道と呼ばれている道だ。



町田街道入口道標

町田街道入口にある道標で、
右武蔵陵墓地、直進高尾駅と標示されている。



東浅川町、現甲州街道

八王子市東浅川、町田街道入口交差点。

正面は見事な銀杏並木が続く現甲州街道だ。

町田街道は、
都道47号線八王子町田線が
通称として町田街道と呼ばれている。


東浅川熊野神社

町田街道入口交差点の先左側にある熊野神社。

右側の建物が拝殿で、
創建は不詳だが、
天正元年(1573年)北条陸奥守氏輝が再建し、
上椚田村小名原の鎮守となっている。


熊野神社御神木・縁結びの木

東浅川熊野神社拝殿横の御神木。

400年前、八王子城主北條氏照は、
家臣・篠原左近之助の娘安寧姫を可愛がり、
宴の時にはいつも傍に置いていた。

宴ではよく獅子舞が演じられ、
一際上手に笛を吹く若者がおり、
やがてこの若者と安寧姫は恋に落ち、
この木の下で逢瀬を重ねるようになった・・・

この木の樫と欅が根元が一緒になって成長した相生の木であったため、
いつしか「縁結びの木」として呼ばれるようになった。

木の根元に自分の名と相手の名を書いた小石を置くと
願いが叶うと伝承されている。


(八王子市 並木町 東浅川町)
1009/1908

写真が一部表示されない場合は、「ページの更新」(F5キー)をクリックすると表示されます


前へ 目次 次へ


歩行略図
多摩御陵入口〜高尾駅口〜小仏峠




街道写真紀行

悠々人の日本写真紀行


Hitosh


inserted by FC2 system